TESORO

リサイクルショップや100円ショップでの買い物の記録

【本物とどう違う?】AppleのAirPodsそっくりのイヤホンを淘宝で買ってみた

f:id:tesorosagashi:20181117201838j:plain

AppleのAirPodsにそっくりのブルートゥースイヤホンを、中国で購入したので紹介します。 

※記事内の商品価格は1元=16.3円で計算しています。

f:id:tesorosagashi:20181117163801j:plain

中国では11月11日は「双11」という1日限りの大セールが開催されます。このイヤホンもそのセールの時に購入しました。

「双11」の消費額は私が住んでいる広東省が第1位でした。セール翌日から物流はカオス状態が続き、普段なら1〜2日で届くはずの荷物が1週間以上かかることも多いです。

540円のイヤホンってどんなの?

f:id:tesorosagashi:20181117165819j:plain

 「i7S TWS」という商品名のイヤホンです。外箱は本家を意識したような白い頑丈な作りで、中身は綺麗に包装されていました。充電ケース、充電ケーブルがセットでついてきます。 

f:id:tesorosagashi:20181117172623j:plain

充電ケースにスイッチがあったり、ふたの部分の作りが簡素だったり、やはり偽物感は否めません。

使い方まとめ

ブルートゥースに接続する

  1. イヤフォンのスイッチを両耳同時に長押しする
  2. 赤と青のランプが交互に点滅したらボタンを離す
  3. どちから一方のイヤフォンのスイッチを2回早押しする
  4. イヤホンのランプが青色にゆっくり点滅(3〜5秒間隔)する
  5. 接続したい本体でブルートゥース接続の設定をする

 接続が成功すると「ユアーヘッドセットイズコネクティッド」という近未来的な声でアナウンスが聞こえます。

電源のオン・オフ

  1. イヤフォンのスイッチを長押しする
  2. 両耳使いたい時は両耳同時に長押しする

「パワーオン」「パワーオフ」という機械の声でアナウンスが聞こえます。

イヤホンを充電する

充電残量が少なくなると、「バッテリーロー」というアナウンスが聞こえます。このアナウンスがが3〜4回くらい流れると、ピピッという電子音が鳴り電源がオフになります。

  1. 充電ケースにイヤホンを挿し、充電ケースのスイッチを押す
  2. 充電中はイヤホンの周囲が赤く点灯し、充電が完了すると青色に点灯する
  3. イヤホンに直接ケーブルを挿して充電することも可能。

イヤホンの充電は約1時間で完了します。

f:id:tesorosagashi:20181117174034j:plain

f:id:tesorosagashi:20181118203730j:plain

f:id:tesorosagashi:20181118203836j:plain

充電ケースを充電する

  1. 充電ケースの裏側にある充電口にケーブルを挿して充電する
  2. 充電中はケースおもて側のスイッチ横が赤色に点滅し、充電が完了すると点滅が点灯にかわる

ケースの充電は約1時間で完了します。

f:id:tesorosagashi:20181117170905j:plain

音楽を聞く

  1. イヤホンのスイッチを長押しし、イヤホンの電源をオンにする
  2. 接続したいデバイスとブルートゥース接続をする
  3. デバイス上で音楽を再生する
  4. 音楽再生中にイヤホンのボタンを1回押すと、音楽を停止できる
  5. もう一度イヤホンのボタンを1回押すと、音楽が再生される
  6. イヤホンのボタンを長押しすると、曲送りされる

音質についてですが、聞こえ方に相当なこだわりをお持ちでなければ、特に気にならないと思います。

あえて言うならば、音楽の背後に「シャー」っという音がかすかに聞こえます。静かな室内で聞くとかすかに聞こえるレベルの音量なので、屋外で使用する時はほとんど気になりませんでした。

電話に出る

  1. イヤホン使用中に電話の着信があると、「プルルルル」という着信音が鳴る
  2. イヤホンのボタンを1回押すと、通話が開始される
  3. 電話に出たくない場合は、イヤホンのボタンを2回押すと、電話を切ることができる 

電話をする時は、イヤホンは片耳しか聞こえなくなります。

イヤホンを使って電話に出てみましたが、スマートフォンの音質より劣るものの、しっかりと相手の声は聞き取ることができました。イヤホンを使ってかけてきた電話を受けてもみましたが、若干こもった感じに聞こえましたが、聞き取れないほどではありませんでした。 

Q&Aコーナー

Apple公式サイトのQ&Aコーナーから質問をお借りして、私も答えてみました。

・りんごマーク→Apple公式サイトからの引用です。
・おかっぱマーク→そっくり製品について私が答えました。

※Apple公式サイトの回答は、ユーザーが任意で答えているものです。その正当性につきましては、ご自身で判断くださいませ。
引用元:Apple公式サイト

充電ケースへのフル充電時間はどのくらいですか?

3時間あれば100%にできると思います。

充電が全くない状態から始めて、1時間で充電が完了しました。

充電はどれくらい持ちますか?

AirPods1回の充電で、最大5時間の再生時間。充電ケースで15分充電すると、3時間の再生時間。

充電ケースでフルに充電(1時間)して、2時間の再生時間。

イヤホンの片方だけ無くした場合、無くした片方だけの購入は可能ですか?

税別7,800円(片方)で購入できるそうです。

片耳だけ購入できるショップもあります。価格相場は30元(約490円)前後です。

iPhoneとAirPodsの最長接続範囲はどれぐらいですか?

class1なんで規格上は100メートルです。障害物と混線するものがなければです。あとは環境次第です。

12mまでです。接続したスマートフォンを部屋に置いたままトイレに入り、ドアを完全に閉めても問題なく接続できました。

サイズ展開はありますか?

1サイズのみです。16.5×18.0×40.5mm

1サイズのみです。AirPodsと比べるとかなり大きいです。

 

f:id:tesorosagashi:20181118192813j:plain

f:id:tesorosagashi:20181118213210j:plain

AirPodsは持っていないので、iPhoneに付属しているイヤホン(EarPods)と大きさを比較してみました。AirPodsとEarPodsの大きさは大体同じだと言われています。並べてみると「そっくりさん」のごつさが際立ちますね。

f:id:tesorosagashi:20181118194748j:plain

着けてみると、なかなかの存在感です。耳が隠れるヘアスタイルの方であれば、あまり気になりませんが、髪の短い方だとイヤホンがあらわになって少々目立ちます。

音量の上げ下げはどうやるんですか?

iPhoneやApple watch、MacBookの方で音量を変えるか、ダブルタップでsiriを起動して音量を変更するかです。

イヤホンだけでは音量の調節はできません。iPhoneやMacBookなどで音量を調節します。

落ちたりしないでしょうか?

airpodsの大きさですが、基本的にはearpodsと同じと考えていただいていいと思います。また、耳へのフィットについてですが、こちらについても従来のearpodsがフィットしていたのならば問題はないかと思います。こちらはデザイン上、表面がツルツルしているため、取り外しの際の落下の危険が大きいかと思われます。どうしても紛失、落下の対策をなさるのであれば、サードパーティー製のairpodsをつなぐゴム製のアイテムもあります。

AirPodsよりひとまわり大きいサイズなこともあり、初めて装着する時は正直びっくりしました。ですが、部屋の中で音楽を聴きながら踊ったり、ごった返しの地下鉄で人に揉まれたりしましたが、一度もイヤホンが落ちたことはありません。イヤホンをつなぐゴム製のアイテムはおまけでついてきますので、購入の必要はありません。

充電ケースのサイズはどのくらいですか?

44.3×21.3×53.5mm

53×27×68mmAirPodsと比べるとかなり大きいです。

 

f:id:tesorosagashi:20181117195150j:plain

防水ですか?

防水ではありません。

防水ではないと思います。

日本語の説明書はありますか?

説明書に日本語が書いてあります。

説明書は中国語と英語表記のみです。

Bluetooth対応のMacでも使用できますか?

macOS Sierra以降をインストールすれば使用できます。

macOS High SierraインストールのMacで使用確認できました。

どのiPhoneに対応していますか?

iPhone5以降に対応しています。

iPhone6S、iPhone8、小米Mi6Xで使用確認できました。

AirPodsそっくりさんのまとめ

AirPodsのそっくりさん「i7S TWS」を実際に使ってみて、とにかくワイヤレスイヤホンで手に入れることのできる便利さに驚きました。ワイヤーがないって、こんなにストレスフリーなんだと気づかされました。

商品自体に関して言うと、イヤホンのサイズ感や充電が切れるのが早いこと、ブルートゥース接続の煩雑さなど、確かに気になる点はあります。ただ、この値段でワイヤレスイヤホンがお試しできるという点で、価値ある商品だと思いました。

AirPodsが気になっているけど、値段が高くて買うのに躊躇している方は、一度お手頃価格のワイヤレスイヤホンで使用感を確かめてみてはいかがでしょうか?

日本でも1,000〜2,000円前後から購入できます。

やっぱり純正品が気になる方、定価は¥16,800です。